金属塗装を依頼するなら業者へ|職人技に驚き

外装を変えよう

外構を工事する場合の費用はどのくらいか。

エクステリアとは、インテリア(家の中の内装や家具など)と反対の言葉で、外構の事を指します。やはり家の中が優先され、エクステリアの整備は後手に回りがちです。しかし、実は手頃な値段で気軽に工事ができるものとなっています。 例えば門扉を交換する場合、門扉などの材料費で5万円、撤去代や基礎設置の工事費で10万円の合計15万円となります。家の顔でもある門扉ですので、エクステリアの工事をする場合は必ず検討に入れたい箇所です。 また、オープンなガレージに屋根(カーポート)を設置する場合、製品代に10万円、工事費が5万円の合計15万円程度です。カーポートの設置で自家用車が守られ、結果的に車の寿命が延びると考えると、カーポートには15万円という金額以上の価値があります。 これらは一部の例ですが、エクステリアを整備する事は家の外観などに大きく関わる事であり、また資産を守る事にもつながるのです。

エクステリア工事費の傾向

エクステリアをリフォームした人の2013年の内訳を見ると、かかった金額が50万円以下の人が全体の37%、50〜100万円の人が23%です。つまり、100万円以下で済ませる人は全体の半分を超えると言う事です。 一般的に、門扉などの単体だけの工事の場合や、床面の新調などであれば安価で済みます。逆に、いくつもの部分をリフォームする場合や、高い塀を作る場合は価格が上がります。 エクステリアの工事費が安価で済んでいる人が多い理由としては、オープン外構が増えてきた事が理由に挙げられます。オープン外構は道路との境界に塀や門扉を作らない、開放的な外構の事です。そうなると当然塀などにお金をかける必要がなくなり、工事費も安く済みます。 以前までの、きっちりと敷地を囲うクローズ外構であれば工事費がかかりますが、オープン外構だと防犯面などで不安だという人に対しては、セミオープン外構が提案される事が多い傾向にあります。この場合でも、オープン外構ほどではありませんが、比較的安価な工事費で済みます。